商人 #10

量販店にはない生地がうちにはある

SCROLL

10_takaki_01.jpg

コットンハウスタカキ

取締役社長

高木 幹太

STORY

​ここにしかない生地と、笑顔

昔ながらの店が並ぶ中之町商店街は歩いていて飽きない。その中に生地専門店「コットンハウスタカキ 」がある。足を一歩踏み入れると店の入り口から奥までびっしりと色とりどりの様々な生地が並んでいる。店の奥では店主の高木さんが笑顔で迎えてくれた。ユーモアたっぷりの高木さんの話はまるで漫談を聞いているかのよう。ついつい話が脱線しておしゃべりが興じてしまうのもこのお店の魅力の一つだ。量販店でなんでも買える時代だからこそ、コミュニケーションをとりながらここでしか買えない生地を手に入れることに価値がある。

その時代は各家庭にミシンがあって

――店を始められたのはいつですか?

創業50年です。僕は2代目で、父がここへ戦後引っ越してきて生地屋を始めました。母が洋裁が好きだったというのもあります。その時代は各家庭にミシンがあってみんな家で服を作っていたんです。既製品の服なんて売ってなかったからね。だから、生地もよく売れていました。

――現在はどんなお客様が生地を買われていますか?

50代〜70代ぐらいの女性の方が多いです。夏は、ワンピースやスカート、冬は割烹着やチュニックなどホームウエアを作られています。いい生地の服は、自分で作った方が安い!値段が2倍ぐらい違います。

――どんな生地を取り扱われていますか?

ほとんどが、綿と麻です。“縫いやすくて、着心地がいい”これが一番の人気の理由です。高級な生地だと柔らかくてさらに肌触りが良くなりますね。やはり、国産ブランドの生地は人気がありますよ。

ここでしか手に入らない生地でオリジナルのものを作ることに価値がある

――量販店では買えない生地がここで手に入るっていう事ですよね

値段は高いけど、ここでしか売っていない生地もあるので、山陰や四国からもわざわざ買いにきてくださるお客様がいらっしゃいます。今は、百円均一ショップでも生地だけでなく、服やカバン、季節の装飾品までもがなんでも簡単に買える時代です。だからこそ、ここでしか手に入らない生地で世界に一つしかないオリジナルのものを作るというのに意味があるのだと思います。

――最近よく売れている生地はどんな生地ですか?

うちで仕入れて、ビニールコーティングしている生地はよく売れています。ポップなものからシックなものまで、いろいろあります。カバンを作られる方が多いですね。

10_takaki_08.jpg

――天井から型紙&作り方説明書がぶら下がっていますね!びっくりしました!

そう、これ、『レシピ』(笑)。天井から吊っている事で、お客様に気づいてもらいやすいんですよ。今、手作りマスクを作るためにミシンを買われるお客様が多いから、ぜひ服やカバンも作って欲しいです。

取材の数日後店を訪れると、高木さんはまた落語家のような話でもてなしてくれた。もちろん生地を買いに行く目的で行くのだが、ついつい高木さんと話が聞きたくて、ふらりと寄ってしまう、そんな店なのだ。

SHOP INFO
10_takaki_11.jpg

  岡山市北区表町1-10-19

Tel  086-222-8041

営業時間 10:00~19:00

​定休日 火曜日

Text / Photo : Noriko Matsumoto

​中之町公式サイトをシェアしてね!

SHARE!

中之町 | 岡山 四百年商人の街

©  2020  Cooperative Society NAKANOCHO Store Association

岡山県岡山市北区表町1-4-64 上之町ビル3F

TEL 086-224-0995