商人 #14

安心して食べていただけるケーキづくり

SCROLL

14_romarin_01.jpg

ロマラン洋菓子店 表町店

洋菓子職人

伏見 健一郎

STORY

地道においしいものを

表町商店街でお土産を買っていこうと思うと、このお店を思い浮かべる人も少なくないのではないだろうか。表町商店街で昔から愛されてきた「ロマラン洋菓子店」は、いつも1歩店内に入ると私をいつもワクワクした気持ちにさせてくれる。今回は、そのオーナーシェフの伏見健一郎さんにお話を聞きました。

14_romarin_02.jpg

父から引き継いだ店

―表町のお店が始まったきっかけはなんですか?

僕の⽗が1961年に、岡⼭市番町で洋菓子店を創業しました。⽗は創業前、これからの時代は洋菓⼦が好まれるのだと、東京・⼤阪で修業しました。番町に本店を開いた10年後の1971年、懇意だった学⽣服店の店主がジーンズ店を始める際に、店舗の半分を借りないかと誘われたことがきっかけでした。当時の表町商店街は、今では考えられないぐらい賑わっていました。

14_romarin_03.jpg
14_romarin_04.jpg

-伏見さんが引き継いだのはいつですか?

30年前です。僕も6年ぐらい東京の洋菓⼦店で修業しました。本店の2階に住んでいましたので、⼦どもの頃から「ケーキ屋」を⾝近に感じていました。広島の⼤学に進学しましたが、いざ卒業するとなると、やはり家業を継いだ⽅がいいなと思うようになり、修業のため上京しました。

―経営と製造の両立は大変ではないですか?

洋菓子店のケーキ作りは、きちんとした材料を使い、品質を揃えなければなりません。例えばバームクーヘンは、同じように焼いても、ちょっとした⽣地の⽴て⽅で違うものができてしまいます。繊細な部分に気を使いながら、おいしいお菓子を作る。また、なるべく無駄を出さないようにと、経営のことも考えます。昔は、職⼈は夜遅くまで働くのが普通でした。今は時代が変わり、5名の製造スタッフにもしっかり休んでもらい、チームで協⼒し合って作っています。

14_romarin_17.jpg

一躍有名になった「半熟ショコラ」

―今までで印象的だった出来事は何ですか?

10年ぐらい前にTBSテレビ番組「はなまーるマーケット」で取り上げていただきました。ゲストのお気に入りのスイーツを紹介するコーナーで、俳優の大杉漣さんが当店の「半熟ショコラ」を紹介してくださいました。あの時は放送中から問い合わせの電話が鳴りっぱなしでしたね。とても嬉しかったです。

14_romarin_05.jpg

―今までで一番苦労したことは何ですか?

特に苦労というわけではないですが、⼟⽇にも働いていたので、⼦どもと休みが⼀緒にならずかわいそうな思いをさせました。その代わり夏休みや春休みになると、朝から⼀⽣懸命遊んでいました。今でも街中でやっている楽しそうなイベントは⼟⽇ばっかりだから、そういうのもなかなかいけなくてさみしいですね。

14_romarin_18.jpg

Romarin

PATISSERIE

fondée en 1961

趣味は料理と山登り

―仕事以外で、現在はまっていることはありますか?

料理が好きです。スープからラーメンを作ったり、粉をこねて⼿打ちうどんを打ったり、夜⾷やおやつにスタッフに出すこともあります。うどん作りでは粉に⽔を混ぜていくのですが、菓⼦職⼈として粉の性質をよく知っているので、その技術を⽣かせますね。⼭登りも好きです。県北の⼭によく⾏きます。新庄村にある⽑無⼭が好きですね。今年、北アルプスを40年ぶりに登りました。⾃然の中を歩いて、植物や⿃などに出合うのも楽しいです。もちろん、⼈との出会いもいいですね。街では知らんふりしている⼈でも、⼭ではあいさつしたりするじゃないですか。そういうのがいいですよね。

14_romarin_14.jpg
14_romarin_15.jpg

―多忙の中、操山高校のP T A会長をされていたとか?

息⼦も娘も、操⼭⾼校に通っていたので、PTA会⻑をさせてもらいました。男親が一度、役員を引き受けると、⾃動的に会⻑までならなければならないとは知らずに(笑)。⾃分はそういうのは絶対向かないと思っていましたけど、やらないといけない⽴場になったら、やってよかったなと思いま した。⼈前で話すことも無理だと思っていましたが、ちゃんと原稿を⽤意して練習したら、できるものですね。⾊々な先⽣⽅とも知り合えていい経験になりました。

どんな世代でも安心して食べて頂けるケーキ作り

14_romarin_13.jpg

―お菓子作りで一番大切にしていることは何ですか?

派⼿なケーキは作れないけど、地道においしいものを作っていきたいです。ケーキ作りで⼀番こだわっているのは、⽉並みな⾔葉ですが“おいしさ”です。当たり前のことを、当たり前に続けることが⼀番難しいのです。今まで通りコツコツ頑張るだけですね。3世代で来てくださっているお客様もいらっしゃいます。若い方だけでなく、お年を召された⽅も安⼼して、⾷べていただけるお菓⼦をこれからも作り続けたいです。

14_romarin_16.jpg

ケーキ職⼈は、決して楽な職業ではない。それでも、オーナーとして菓子店を切り盛りしながら、⼭登りや料理などの趣味を楽しむ姿から、伏⾒さんの世界の広さを感じた。だからこそ、⽇々のケーキ作りに集中でき、シンプルだけどどこかホッとするようなお菓⼦が作れるのではないだろうか。

―今後、表町店をどうしていきたいですか?

厳しい話ですが、表町商店街に本店のあった白十字さんも撤退してしまい、他のケーキ店もなくなってしまいました。商店街に住んでいる⼈や働いている⼈は、⼤事なお客様です。外から買いに来てくださるお客様のためにも続けていきたいです。表町店では最近、ショーケースを⼊れ替えたばかりですし、まだまだ頑張っていきたいと思っています。

SHOP INFO
14_romarin_19.jpg

  岡山市北区表町1-9-68

Tel   086-222-9780

営業時間 10:30~18:30

​定休日 火曜日

Text / Photo : Noriko Matsumoto